春日部相続おまかせ相談室相続・遺言・相続放棄の用語集

死因贈与

死因贈与

死因贈与とは、贈与者と受贈者との間で、生前に行う贈与契約のことです。死因贈与の効力は、原則、贈与者の死亡時に発生します。

遺贈との違いとして、死因贈与契約は遺言書によるものではなく生前の契約である点と、生前の契約であるために受贈者が放棄し得ない点です。

by 春日部・越谷相続おまかせ相談室

より詳しい解説はこちらにもございます

遺贈

遺贈とは、遺言による財産の無償贈与のことです。遺贈には2種類あり、遺言による遺産のなかの特定財産を譲与する「特定遺贈」と遺言による遺産の全部または一部割合を譲与する「包括遺贈」です。

読む
春日部相続おまかせ相談室の外観
春日部相続おまかせ相談室のロゴ

048-970-8046 通常営業 8:30〜18:30 ご予約 7:00〜21:00

春日部相続おまかせ相談室の事務所概要 春日部相続おまかせ相談室の事務所概要

お問い合わせはこちら(代)048-970-8046

春日部相続おまかせ相談室の女性オペレーターのイメージ

相続・遺言・相続放棄のオリジナル解説

「春日部・越谷相続おまかせ相談室」による、相続・遺言・相続放棄の法文を解説しております。
難しい言葉を使わず、どなたでもわかりやすいように解説しておりますので、ぜひご覧ください。