春日部相続おまかせ相談室相続財産の費用

相続財産の費用

春日部相続おまかせ相談室による、「相続」を解説しています。
相続」についてご不明な点は、お気軽にご相談ください。

相続・遺言・相続放棄のオリジナル解説を案内する女性のイメージ

民法第885条第1項は、相続財産の費用について定めています。

この規定は、相続の開始後から遺産分割までの間に生じた相続財産に関する費用は、相続財産の負担であるという意味です。

相続の開始後、すぐに遺産分割が行われて、各相続人に相続財産が帰属した場合は、各相続人が費用を負担しているため、適用がありません。ただし、相続人の過失によって発生した支出は、当該相続人の負担になります。

単独の相続の場合は、特に相続財産の負担がなくても構いません。

また、遺留分権者を保護する目的で、贈与の減殺によって得た財産からは相続の費用の負担はしないとされています。

相続財産の費用の範囲

相続財産の費用としてあげられるものは、相続不動産の保存登記費用など遺産の保存に必要な費用、固定資産税、保険料、修繕費、果実収取のための経費、鑑定など、清算するために必要な費用や財産目録を作成する費用などがあります。

なかでも、相続税は相続財産を取得した相続人が負担、葬式費用は喪主が負担するべきであるといわれています。

春日部市・越谷市の相続・遺言・相続放棄のご相談は「春日部相続おまかせ相談室」へ

春日部相続おまかせ相談室の事務所概要 春日部相続おまかせ相談室の事務所概要

お問い合わせはこちら(代)048-970-8046

春日部相続おまかせ相談室の女性オペレーターのイメージ

相続・遺言・相続放棄のオリジナル解説

「春日部・越谷相続おまかせ相談室」による、相続・遺言・相続放棄の法文を解説しております。
難しい言葉を使わず、どなたでもわかりやすいように解説しておりますので、ぜひご覧ください。