春日部相続おまかせ相談室遺言書の必要性・死亡危急者遺言

遺言書の必要性・死亡危急者遺言

春日部相続おまかせ相談室による、「遺言」を解説しています。
遺言」についてご不明な点は、お気軽にご相談ください。

相続・遺言・相続放棄のオリジナル解説を案内する女性のイメージ

遺言書の必要性

遺言の必要性として、相続人間の争いやトラブルを防止する役割、相続人以外の人へ遺産を残したい場合、法定相続分とは違う相続分で遺産を残したい場合、認知をしたり、後見人を指定したりしたい場合が考えられます。

“終活”という言葉ができ、多くの方がご自身の最期を考えるようになってきましたが、それでも法定相続がまだまだ多く、遺言は全般的には少ないと言えます。

しかも、遺言は法律上の要件が厳しく、遺言の慣習が広まっていないわりに遺言訴訟が多いのです。特に、方式の不備な遺言について争われるケースが少なくありません。

要件が厳しいなかでも、被相続人の自由な最終的な意思を尊重する制度として、法律上も種々の特色を認めています。遺言の長所をとらえ、遺言の必要性を認識することをおすすめしています。

死亡危急者遺言

病気や事故などの理由で、死亡の危急に迫った緊急時にのみ認められる方式の遺言を死亡危急者遺言といいます。
遺言の趣旨を口授して行い、通常の遺言よりも緩和された方式の遺言です。複数の証人の立会いが必要で、その1人に遺言の趣旨を口授します。

口授した内容を筆記し、遺言者や他の証人に正確さを承認させるなど、公正証書遺言に似た手続きを行います。
しかし、公証人が関わらないため、死亡危急者遺言は家庭裁判所に内容・方式などに不備がないかの確認を得る必要があります。

死亡危急者遺言の要件である証人・その他

病気や事故などの理由によって、死亡の危急に迫った緊急時に遺言をしようとするときは証人3人以上の立会いが必要になります

そして、立会った証人の1人に、遺言の内容を口授します。口授を受けた証人は内容を筆記し、遺言者および他の証人に確認します。
各証人は、その筆記内容が正確であるかを承認し、それぞれが署名、押印をしなければなりません。

また、遺言者が話すことができない場合には、証人の前で遺言の趣旨を通訳人の通訳により申述して、口授に代えて行います。

遺言者または証人が、耳の聞こえない場合には、筆記内容を通訳人の通訳により伝えて、読み聞かせに代えることができます。

死亡危急者遺言では、遺言書に遺言をした日付や、その証書の作成日付を記載することを有効要件としていません。
したがって、遺言書に記載された日付が正確ではない場合でも、遺言は無効となりません(最高裁判所判決昭和47年)。

死亡の危急に迫った者のための特別の方式である理由から、遺言者の署名・押印は必要とはされていないのです。

死亡危急者遺言の確認

死亡危急者遺言については、作成した遺言書を家庭裁判所に内容・方式などに不備がないかの確認を得る必要があります。

家庭裁判所への申述は、遺言の日から20日以内に、証人の1人または利害関係者が行う必要があります。
家庭裁判所の確認は、1~2カ月前後を要することが多く、確認が完了したとの通知を受けたことで死亡危急者遺言が完成したことになります。

死亡危急者遺言の失効

死亡危急者遺言は、緊急事態のときの一時的な遺言のため、遺言者が危急を脱し体調が落ち着くなどして、通常の遺言(自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言)をすることができるようになったときから6ヶ月間生存した場合に無効となります。
通常の方式による遺言をすることができるようになった後に有効である必要がないためです。

春日部市・越谷市の相続・遺言・相続放棄のご相談は「春日部相続おまかせ相談室」へ

春日部相続おまかせ相談室の事務所概要 春日部相続おまかせ相談室の事務所概要

お問い合わせはこちら(代)048-970-8046

春日部相続おまかせ相談室の女性オペレーターのイメージ

相続・遺言・相続放棄のオリジナル解説

「春日部・越谷相続おまかせ相談室」による、相続・遺言・相続放棄の法文を解説しております。
難しい言葉を使わず、どなたでもわかりやすいように解説しておりますので、ぜひご覧ください。