春日部相続おまかせ相談室遺言の内容

遺言の内容

春日部相続おまかせ相談室による、「遺言」を解説しています。
遺言」についてご不明な点は、お気軽にご相談ください。

相続・遺言・相続放棄のオリジナル解説を案内する女性のイメージ

遺言書には、何でも好みに書くことができますが、民法で遺言書として効力が認められるのはすべてではありません。

民法が認めている遺言事項とは、以下の事項です。

  1. 認知
  2. 未成年後見人の指定
  3. 未成年後見監督人の指定
  4. 推定相続人の廃除、廃除の取消し(推定相続人の廃除で説明しています)
  5. 相続分の指定、第三者への指定の委託(相続分で説明しています)
  6. 遺贈や財団法人設立のための寄付行為など、財産の処分
  7. 遺産の分割方法の指定、第三者への指定の委託
  8. 遺産分割の禁止(最長相続開始後5年間)
  9. 遺産分割における共同相続人間の担保責任の指定
  10. 遺言執行者の指定、第三者への指定の委託(遺言書の遺言執行者で説明しています)
  11. 遺贈の(遺留分)減殺方法の指定(遺留分減殺請求で説明しています)
  12. 祖先の祭祀主宰者の指定(墳墓・葬式・香典などの相続で説明しています)
  13. 特別受益者の相続分に関する指定

遺言として認められない例として、たとえば『父の老後の面倒を子ども全員で看てほしい』と遺言した場合、財産上のなんら意味を持ちません。

民法以外の法律で認められている遺言事項もあります。

  1. 生命保険金受取人の指定
  2. 信託の設定

なお、生命保険金の相続でも説明しています。

春日部市・越谷市の相続・遺言・相続放棄のご相談は「春日部相続おまかせ相談室」へ

春日部相続おまかせ相談室の事務所概要 春日部相続おまかせ相談室の事務所概要

お問い合わせはこちら(代)048-970-8046

春日部相続おまかせ相談室の女性オペレーターのイメージ

相続・遺言・相続放棄のオリジナル解説

「春日部・越谷相続おまかせ相談室」による、相続・遺言・相続放棄の法文を解説しております。
難しい言葉を使わず、どなたでもわかりやすいように解説しておりますので、ぜひご覧ください。