春日部相続おまかせ相談室相続・遺言・相続放棄の用語集

相続欠格

相続欠格

相続欠格とは、相続人となるべき者が相続人となることができる資格を欠く制度のことをいいます。被相続人の意思には関わりなく、相続人となることができない5つの事由のうち、1つに該当した場合に相続欠格となります。

  1. 故意に被相続人または相続について先順位もしくは同順位の者を死亡するに至らせ、または至らせようとして刑に処された者。
  2. 被相続人が殺害されたことを知っても告発せず、または告訴しなかった者。ただし、是非の分別がないとき、または殺害者が自己の配偶者もしくは直系血族であったときは相続欠格とはなりません。
  3. 詐欺または強迫によって被相続人が遺言をし、撤回し、取り消し、変更をすることを妨げた者。
  4. 詐欺または強迫によって被相続人が遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、変更させた者。
  5. 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠匿した者。

なお、相続人の廃除は、被相続人の意思によって相続資格が失われる制度です。

 

by 春日部・越谷相続おまかせ相談室

より詳しい解説はこちらにもございます

相続人

相続に関して民法は、法定相続制を採用しています。これは、血族相続人として、第1順位に子、第2順位に直系尊属、第三順位として兄弟姉妹を相続人に定めています。

読む
相続分

相続分は、共同相続人が取得するべき相続財産の総額に対する分数的割合です。
遺産整理は、相続分に応じてされることになります。

読む
推定相続人の廃除

法定相続人で説明のとおり、推定相続人(相続人となるであろう人)が被相続人に対し虐待をしたとき、著しい非行があったときは、家庭裁判所に推定相続人の廃除を請求することができます。

読む
春日部相続おまかせ相談室の外観
春日部相続おまかせ相談室のロゴ

048-970-8046 通常営業 8:30〜18:30 ご予約 7:00〜21:00

春日部相続おまかせ相談室の事務所概要 春日部相続おまかせ相談室の事務所概要

お問い合わせはこちら(代)048-970-8046

春日部相続おまかせ相談室の女性オペレーターのイメージ

相続・遺言・相続放棄のオリジナル解説

「春日部・越谷相続おまかせ相談室」による、相続・遺言・相続放棄の法文を解説しております。
難しい言葉を使わず、どなたでもわかりやすいように解説しておりますので、ぜひご覧ください。