春日部相続おまかせ相談室相続・遺言・相続放棄の用語集

寄与分

寄与分

寄与分とは、共同相続人のうち被相続人の財産の維持または増加に特別の貢献をした相続人に対し、その貢献度合に応じて加える分のことで、法定相続分に加える制度を寄与分制度といいます。

寄与分の権利がある者は共同相続人に限られ、生前贈与を受けていたために具体的相続分がない相続人でも寄与分の主張ができます。

たとえば、生前付きっ切りで被相続人の世話をしていた長男の嫁は、相続人ではないために寄与分を主張することはできません。

また、相続放棄をした者、被相続人から廃除された者は寄与分を受けることができません。当然、相続欠格者も相続人になれないことから、寄与分を主張することができません。

寄与の評価対象となる行為は、相続開始前に(つまり生前に)以下によって財産の維持または増加をしたことです。

  1. 被相続人の事業に関する労務の提供または財産上の給付がなされたこと
  2. 被相続人の療養看護に務めたこと
  3. その他

by 春日部・越谷相続おまかせ相談室

より詳しい解説はこちらにもございます

相続法の改正・特別の寄与の制度の創設

相続人以外の被相続人の親族が無償で被相続人の療養看護等を行った場合には、相続人に対して金銭の請求をすることができるようになります。

読む
相続分

相続分は、共同相続人が取得するべき相続財産の総額に対する分数的割合です。
遺産整理は、相続分に応じてされることになります。

読む
春日部相続おまかせ相談室の外観
春日部相続おまかせ相談室のロゴ

048-970-8046 通常営業 8:30〜18:30 ご予約 7:00〜21:00

春日部相続おまかせ相談室の事務所概要 春日部相続おまかせ相談室の事務所概要

お問い合わせはこちら(代)048-970-8046

春日部相続おまかせ相談室の女性オペレーターのイメージ

相続・遺言・相続放棄のオリジナル解説

「春日部・越谷相続おまかせ相談室」による、相続・遺言・相続放棄の法文を解説しております。
難しい言葉を使わず、どなたでもわかりやすいように解説しておりますので、ぜひご覧ください。